●●● 使えば使うほどトクするネット通販の便利なカード ●●●

●●● 定額制ネットレンタル、送料無料DVD通販など新スタイルの最強サイト ●●●
楽しめるのはDMM

●●● ホームシアターや大画面TVで自宅の視聴環境もこだわりたい!●●●

2004年11月11日

お気に入り作品の紹介A : ザ・ロック

ブエナビスタ配給(要するにディズニー系)、ハリウッド・ピクチャーズ製作の”ザ・ロック”。これは本当に名作です!
ジャンルとしてはどうしてもアクションというカテゴリーに入ってしまうのでしょうが、これは僕にとっては紛れもなく崇高な人間ドラマです。

どこが好きか。
先ず第一にストーリーがイイ。始めから終わりまで全然飽きさせないテンポの良さがそうさせているのかな?と思います。
この時代”ローラーコースター・ムービー”という言葉が流行しました、ジェットコースターみたいに一気に最後まで突き抜けるほどテンポが良く、全編に渡って何度か見せ場があり、最後にビッグウェーブでクライマックス・・というノリの作品がそう呼ばれてましたね。
本作はまさにそんな作品の一本と言えます。さらにテンポの良さに加え画が綺麗ですね、カメラアングルにこだわる監督ベイと色使いにこだわるプロデューサーだけありどこをとっても高い完成度をを感じました。
そしてなんといっても全編を盛り上げるテーマ曲もいいですね、劇場出てからも数日頭の中でずっと鳴っていたのを覚えています。この後よくテレビで使われているのも耳にしました。
演出は”バッド・ボーイズ”に続き劇場映画二本目のマイケル・ベイです。結果彼のメジャー二本目にしての大ホームランになりました。

いろいろ書きましたが、そんな中でも僕が最も本作を好きなのは主役の3人のカッコ良さです♪
本当にカッコイイです!!ニコラス・ケイジ、エド・ハリスそしてショーン・コネリー。
当時ニコラスがアクション?と心配しましたが全く問題なく、逆にすごくカッコイイ主人公スタンリー・グッドスピードを好演しています。
みなそれぞれが自分が大切に想う”命”のために不本意な形で自らの命をかけて立ち向かうドラマです。どの立場に立ってもそれは全て肯定されるべき想いであるけども時にはそれが社会的に許されない事もある・・・でもそれは本人にとっては紛れも無い”正義”だったりするんですよね。
もの凄くアクション満載でスカっとするんだけど、観終わった後なんか誰かと感想を語り合ってみたい、と毎回思うんです。

そして80年代、映画と音楽を見事に融合させ新たなるトレンドを築いたドン・シンプソン&ジェリー・ブラッカイマーのカリスマ名プロデューサー・コンビの作品です、確かに面白くないワケが無いですよね。
そして残念ながらドン・シンプソンの遺作にもなってしまいました。以降、今や超有名になったジェリー・ブラッカイマー(コン・エアー、アルマゲドン、パール・ハーバー、パイレーツ・オブ・カリビアン、キング・アーサーなど)ですが本作以降の出来がイマイチ(というか僕にとっては本作に比べると”ただ”の普通のアクション映画に見えてしまう)なところを考えると本作のようなドラマ性を追求していたのはシンプソンの役目だったのかな、とちょっと残念なんです。もっともっとこういう作品を製って今度は”アクション&人間ドラマ”というトレンドを築いて欲しかった・・・ホントに残念です。

とかいろんな想いがあって、かれこれ30回は観ているお気に入り作品です。
未見の人、観ていないのはホント損してます。是非一度観ておいてくださいね。

↓ココにDVDを紹介しておきます
ザ・ロック 特別版

いつもサイト訪問ありがとうございます♪

posted by JET at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

お気に入り作品の紹介@ : ストリート・オブ・ファイヤー

これから僕のお気に入りの作品を紹介していきます。

No.1は「ストリート・オブ・ファイヤー」です。
最近は音沙汰が無いですが、80年代に活躍した名監督
ウォルター・ヒルの作品です。
これはとにかくヒル監督の色が前面に出ている代表作と
言ってもいいでしょう。
とにかくザラついた劇画タッチの映像(特にヒルは夜を
うまく撮りますね)と全編を彩るスーパー・クールなサ
ウンド・トラック。
そしてなんと言ってもマイケル・パレ演じる主人公の
ヒーローのカッコイイこと。ヒルは男臭い男を撮らせても
うまいんですよね。
80年代といえば今でも現役のジェリー・ブラッカイマー
が映像と音楽を融合させた”フラッシュ・ダンス”や
”トップ・ガン”でハリウッド映画に新旋風を巻き起こした
栄光の時代、本作もその波にしっかり乗ってサントラの
セールスも大成功しました。本作を観ると「あ、この曲
ってこの映画の曲だったんだ」って絶対発見があるでしょう。
とにかくイチオシ、カッコイイ男とカッコイイ女の切ない
ラブストーリーだけど、観終わった後”本当に映画ってい
いな”って思わせてくれる最高の名作です。みなさん時間が
あれば観て感想を聞かせてください。

↓詳しい資料はコチラ
ストリート・オブ・ファイヤーStreets of Fire

posted by JET at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。