●●● 使えば使うほどトクするネット通販の便利なカード ●●●

●●● 定額制ネットレンタル、送料無料DVD通販など新スタイルの最強サイト ●●●
楽しめるのはDMM

●●● ホームシアターや大画面TVで自宅の視聴環境もこだわりたい!●●●

2005年09月13日

ティム・バートン監督こだわりの映像美! 「チャーリーとチョコレート工場」

ネタバレあるかもしれませんので、未見の人は注意してください。
ティム・バートン監督×ジョニー・デップ、4度目のコラボレーションは幻想的でバートン監督のイマジネーションの炸裂したファンタジーとなっていました。
そんな本作は2つの大きな見どころを持っています。
1つめは雪の降る寒々とした外界から隔絶された(正確には”した”)チョコレート工場の全貌・・・パステルカラーとチョコレートの”こげ茶”色のみごとなコントラストや無機質な中に存在する独特なフォルムを持つ設備群、そして超不思議キャラの”ウンパ・ルンパ”達が整然と織り成す摩訶不思議なダンスと馬鹿みたいな歌(笑)・・・全てにおいて”デザインされた”映像美はまさに全編にわたってティム・バートンワールドのオーラを発散し観客を魅了するでしょう。
しかもその幻想的な映像は今どきブルー・スクリーン撮影でCG処理されそうですが、実際に巨大セット内に製作され、さらにはバートン監督のこだわりで全て本編同様に本当に食べられる物で作ったというのが驚きです(もちろん表面にはコーティングがされているらしいですが)。
2つめはデップの演じるウォンカというキャラクターです。現実離れしたコスチュームと陽にあたらないため真っ白になってしまった肌、歯医者の父親に徹底的にケアされたために得られた虫歯1つ無いしっかりと揃った真っ白な歯、そしてステッキにおかっぱヘア・・・これらはデップとバートン監督でイメージし、ものすごい枚数のメモによって整理され創造されたかなりヤバいキャラクターです。それをとても違和感なく具現化したのがデップということでさすがです。デップのフィルモグラフィを振り返ると以外に普通の役は少なく、結構コスプレが多いのでこれも彼にとってはたいした事じゃなくいつもの役作りと同じだったんでしょうね。インタヴューでデップが「試写会から帰ってきた子供に”パパキモい!”って言われたんだ」って笑ってたけど、たしかに観る人が観ればそう思うかも。ということでまた映画史上に強烈なキャラクターを誕生させてしまったカメレオン俳優ジョニー・デップでした。
そしてそんな2人のこだわりが通じたか作品自体アメリカのボックスオフィスを席捲し、大ヒットとなっています。
内容自体は以外にファンタジックではなく、トラウマに生きるウォンカがチャーリー少年の持つイノセントなハートによって呪縛から救われるというヒューマンドラマとなっている、そのチャーリーを演じるフレディ・ハイモアの素朴で自然な演技にも魅力を感じました。
それにしても永きにわたって閉ざされてきた工場に5人の少年少女が招待され、わがままで心醜い者が1人づつ罰を受けていく・・・展開としてこのウォンカの招待自体に何か深い意味があるのかと思いきや、全然意味のないところにはちょっと笑ってしまいました。そしてウォンカが不思議でシークレットなキャラクターと思いきや意外に現実的だったところも想像していた作品とはかなり違っていたので意外でした。
まあ、そんな深く考えず、現実から離れとにかく歌って・踊って・美味しくて・楽しい・キレイなチョコレート工場見学でいいんです。それがティム・バートンの世界!老若男女楽しめるエンターテインメントだと思います。

↓ ティム・バートン×ジョニー・デップのコラボ作品の紹介です

●シザー・ハンズ
 
icon
icon

●エド・ウッド
 
icon
icon

●スリーピー・ホロウ
 
icon
icon


いつもサイト訪問ありがとうございます♪
posted by JET at 01:30| Comment(1) | TrackBack(7) | 鑑賞日記(劇場版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!!
私たちは自主で、映像コンテストなどに出したりしている者なんですが、もし良かったら、今度私たちのHP・ブログに遊ぶに来てくださると嬉しいです!!映画の感想、日常話などを書いてます。「チャーリーとチョコレート工場」かなりみたくなってきました!!できればチョコレートのにおいがする映画館で見たいと思ってます!!!

もの凄く稚拙なんですが映像もみれるようになっているので、批評をしていただけるととても嬉しいです!!
http://www.short-girls.net/sp_hikaras.html
Posted by ハイカラズ at 2005年09月16日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6858282

この記事へのトラックバック

チャーリーとチョコレート工場
Excerpt: 人の世は 意味ばっかりじゃ おもろない     「ビッグ・フィッシュ」でえらく感動的な作品を創りなすって、と、ティムに対しては、えらく多くの人から評価を頂ける事態になって、あれまあ、と思った..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2005-09-14 06:56

映画鑑賞感想文『チャーリーとチョコレート工場』
Excerpt: さるおです。 世界一オカシな工場見学へ行ってきたよ。『CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY/チャーリーとチョコレート工場』を観てきた。 Holy buckets! おもし..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2005-09-15 22:42

「チャーリーとチョコレート工場」ちょっと真面目すぎ、どうした!
Excerpt: 「チャーリーとチョコレート工場」★★★☆ ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア主演 毒のあるお伽話だ。 人を信じられない大人と、 まっすぐの視線で 世の中の全てを見つめる子供 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-09-18 02:12

痛快なブラックファンタジー◆『チャーリーとチョコレート工場』
Excerpt: 9月16日(金)TOHOシネマズ木曽川にて チャーリー(フレディー・ハイモア)は、貧しいながらも暖かい家族に囲まれて暮らす少年で、彼の憧れは、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営する世界..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-09-19 11:15

チョコレート工場をもっと見たかったな
Excerpt:  先週「シンデレラマン」を観に行った際、シネコン「MOVIX京都」の窓口付近で係員が「『チャーリーとチョコレート工場』は後3つしか席が残っていませんよ」と大きな声を張り上げていた。その時点でまったく予..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-09-25 19:06

チャーリーとチョコレート工場
Excerpt:  『チャーリーとチョコレート工場』を観た。  面白かった。ひとつのテーマパークを映画というフィルムに凝縮したような感じだった。異様な世界観が映画を支配していた。ブラックユーモアも満載!  ..
Weblog: 僕の中の世界
Tracked: 2005-10-12 18:54

小さなおっさん:『チャーリーとチョコレート工場』
Excerpt: ああ、とうとう観てしまいましたよ、『チャーリーとチョコレート工場』を。「観よう観よう」と思いつつもタイミングを逃してズルズルと日にちが経ってしまい、もうそろそろ「DVDが出るまで待とうかな〜」という気..
Weblog: ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション
Tracked: 2005-10-15 01:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。