●●● 使えば使うほどトクするネット通販の便利なカード ●●●

●●● 定額制ネットレンタル、送料無料DVD通販など新スタイルの最強サイト ●●●
楽しめるのはDMM

●●● ホームシアターや大画面TVで自宅の視聴環境もこだわりたい!●●●

2004年12月30日

トム・ハンクス&スピルバーグのゴールデンコンビが放つ 傑作ヒューマンドラマ「ターミナル」

ハリウッドNo.1のヒットメイカー、スティーブン・スピルバーグ監督の最新作は
人間と巨大ザメの死闘 でも
古代遺跡の謎を追う大学教授の冒険談 でも
宇宙人と少年との心温まる友情の物語 でも
ノルマンディー上陸作戦での特殊任務に命をかける男達の物語でもない、リアリティ溢れるハートウォーミングストーリー「ターミナル」です。

一人の男の父と交わした約束、そしてそれを実現させるためにJFK空港で”滞在”するという常識破りなストーリーをテンポよく描く感動巨編。その主人公を演じるのは「プライベート・ライアン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に続き3度目のスピルバーグ監督とのコラボレーションとなるトム・ハンクス。
プライベートでもスピルバーグ監督と大の親友という彼が監督のラブコ−ルに応えて引き受けたビクター・ナボルスキー役、”実際にトム・ハンクスをイメージして書いた脚本なのでは?”と思うくらいハンクスにピッタリでした。
元々コメディアンという彼の才能を最大限に発揮したユーモア溢れるおとぼけシーンやギャグシーンも随所に散りばめられていたほか、オスカー俳優(しかも2年連続GETはスゴイですよね)としてのオーラを発散しているシリアスで涙ぐむシーンもあって、とてもぜいたくな作品に仕上がっており、すごく得した気分になる一本です。本当に近年のトム・ハンクスはウマイ!最高に良いですね。
こういうほのぼのとしていて観終わった後、とてもさわやかで気持ちが晴れ晴れとする作品は本当に良いです、僕はこういうの大好きなんです。またお気に入りの作品に出逢えました。

ファンタスティックな作品を多く手がけ、SFやコマーシャル的な作品造りのイメージが強いスピルバーグ監督ですが、本当の彼は”巨匠”になりたい人なんですね(*数ある彼の関連書籍参照)。
だからハリウッド史に残る名匠に近づこうと昔から人間ドラマも定期的に撮ってます。しかしそういった事に対し始めはハリウッドもシビアでした、「カラー・パープル」「シンドラーのリスト」ではオスカーノミネートされるもののハリウッドから拒絶されました。しかしそれ以降の彼の功績に敬意を表し「プライベート・ライアン」で念願のオスカーをGET、オールハリウッドに認められた彼は巨匠の第一歩を踏み出しました。
その苦渋の時代を親友として支え続け、「プライベート・ライアン」に深みと感動を与えてくれたトム・ハンクスを再び起用して本作でまたも心温まる傑作を生み出しました。
今やこういう人間ドラマをスピルバーグ監督が発表しても何の違和感も無く当たり前になってきていますから、さぞ彼も喜んでいることでしょう。しかもそれに内容がついて来てきますよね、これからもこういった重厚な人間ドラマもいっぱい撮ってもらいたいと思います。周りの人達の声を聞いているとスピルバーグ監督はSFやファンタジー作家という固定概念を持っている人が多いようですので、この機会に一度彼のヒューマンドラマ群を観て欲しいと思います。

しかし残念なことにヒューマンドラマを切に願う僕の気持ちとは裏腹に彼の次回作はトム・クルーズ主演でH・G・ウェルズの傑作小説を映画化する「宇宙戦争」で彼の十八番道だったんですね・・・。
しかも本作’05年サマーシーズンにリリースのため「スター・ウォーズ/エピソードV シスの復讐」と真っ向対決になるんです。よって名作どころか世界中を呑み込む超巨大プロモーション合戦になりますので、そういったヒューマンなのは当分なさそうですね。

最後に本作のキャサリン・ゼタ・ジョーンズがすごく綺麗です。今まで彼女の出演作をほとんど観てきましたが、正直本作ほど彼女が魅力的に映っている作品はありません。その理由は彼女のハリウッド進出作「マスク・オブ・ゾロ」で彼女の魅力をいち早く見抜き、ヒロイン抜擢にGOサインを出したのがスピルバーグ監督でした。だから今やオスカー女優にまで成長した彼女を見るスピルバーグ監督の愛情がカメラワークにバッチリ反映されたんでしょうね。

↓関連作の紹介です
プライベート・ライアン
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
カラーパープル
シンドラーのリスト
マスク・オブ・ゾロ


いつもサイト訪問ありがとうございます♪

【お知らせ】次回1/1(土)のサイト更新はお休みさせていただきます。
posted by JET at 23:50| Comment(0) | TrackBack(6) | 鑑賞日記(劇場版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

(映画) 2004年、劇場で見た映画をまとめてみる
Excerpt: パンフレットを掃除がてら、整理してみました。劇場で映画を見たときには必ずパンフレットを買うので、パンフレットの数=観た数です。左上から順に、・下弦の月 ラストクォーター・海猿・マッハ!!!・ターミナル..
Weblog: ケータイ絵日記 FC2出張所
Tracked: 2004-12-31 07:45

ターミナル
Excerpt: 「無難。“お正月休みに何か1本”って言うくらいの人にはちょうどいい。笑いあり、泣き所もあり。期待には届かなかったけど、誰でもそこそこ楽しめる作品。」 予告通り、23日(祝)に「ターミナル」を観てきまし..
Weblog: 30歳独身男Kazuakiの映画日記
Tracked: 2005-01-02 00:24

トム・ハンクスとキャサリーン・ゼタジョーンズ。
Excerpt: トム・ハンクス主演『ターミナル』見てきました。あまりひまもないので最近は映画見てなかったな。昔は毎日見たりした時もあったのに。 この映画、空港を題材にした映画なわけですが、
Weblog: カツユキ帝国(ブログ朝)
Tracked: 2005-01-19 22:39

ターミナル (DVD)
Excerpt: ターミナル (DVD) Shop AML ( http://jjjjjj.dip.jp/app/S/aml_Index.html )
Weblog: Shop AML
Tracked: 2005-03-05 12:47

The Terminal  (ターミナル)
Excerpt: 東欧の小国クラコウジアから、ある「約束」のためアメリカに渡ったビクタ ー。入国審査に手間取っているうち、彼の祖国ではクーデターが勃発、国家は転覆してしまう。パスポートの効力を失った彼は入国出来..
Weblog: いったんたん〜素晴らしき哉、我が人生
Tracked: 2005-05-28 01:18

ターミナル
Excerpt: すれ違う ぶつかるこける 生きている 楽子:何が「国際」よ。私は「国際」って呼ばないから。 愛子:ひょっとして、それ、中部国際空港のこと? 楽子:そう。ほら、前の名古屋空港って、小牧..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2005-09-15 22:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。