●●● 使えば使うほどトクするネット通販の便利なカード ●●●

●●● 定額制ネットレンタル、送料無料DVD通販など新スタイルの最強サイト ●●●
楽しめるのはDMM

●●● ホームシアターや大画面TVで自宅の視聴環境もこだわりたい!●●●

2004年12月26日

クリスマス映画の秀作が誕生!!「バッド・サンタ」

本文中、ネタバレありますので未見の方はご注意ください。

今や性格俳優として評価されているアンジェリーナ・ジョリーの元ダンナ、ビリーボブ・ソーントン。
彼の新作は子供達が夢見るX’masに空から舞い降りるサンタクロース(実はドロボー)を演じる本作「バッド・サンタ」です。
「チョコレート」「バーバー」と暗く”静”なる役を演じた彼が本作では打って変わって”動”の世界を突っ走ってます!!
セリフのほとんどに”fuck”が入り、タバコ・女・酒に溺れる彼を初めは不快に感じるものの、時折見せる孤独感いっぱいの目に彼の(役の)背負ってきた哀しみと苦しみを感じ、逆に同情の気持ちが生まれてきます。
それぐらい究極の汚れ役に入り込んで役に成りきってしまうあたり、さすがビリーボブです。カメレオン俳優と呼ばれるのも納得しますね。
作品自体のムードは僕が好きな、いわゆるインディペンデント系のハリウッド・クライム・ムービーといったデイストです。
「ファーゴ」「ゲット・ショーティー」「ジャッキ・ブラウン」「アウト・オブ・サイト」といった、いわゆるメジャーが作らないような(作っても稀)、でも一定の固定客を持った人気のあるジャンルですね。具体的に言うとクウェンティン・タランティーノ、コーエン兄弟といった人達が撮る作品群と言えば分かりやすいかもしれません。
それもそのはず本作の製作総指揮は前述のコーエン兄弟なんですね。ある人物の一日をダラ撮りしているかのような淡々とした語り口、そして終盤何気ない展開でサンタの相棒の小人とその女がデパートの警備責任者を車で挟み潰すあたりもコーエン印を顕著にあらわしています。そしてコーエン兄弟関連作に二度目の出演となるビリーボブ自身”堕ちたサンタ”を彼らの元で伸び伸びと演じていました。

僕が印象的だったのはビリーボブがマイアミビーチでオープンのジャガーを盗んで、持ち主の家に       侵入し物色しているシーンです。バックに流れる曲はカルロス・ガルテル作曲の”POR UNA CABEZA”というタイトルのタンゴ曲です。知っている人も多いと思いますが僕の大好きな作品「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」「トゥルー・ライズ」「シンドラーのリスト」でもとても印象的に使われています。
「セント・・」では盲目の元軍人アル・パチーノがニューヨークのレストランでガブリエル・アンウォー演じる綺麗な女性客を口説いてタンゴを踊る、ハリウッド史に残る名シーン(ちなみに彼は本作でオスカーをGETしましたね)のバックでレストランの生バンドが演奏する曲として流れます。
「トゥルー・・」ではスゴ腕スパイという正体を妻に知られた主人公(アーノルド・シュワルツエネッガー)がラストでは夫婦でスパイになり舞踏会に潜入、「セント・・・」同様にあの曲をバックにタンゴを力強く踊ります。
いづれの作品も名シーンで使われ強烈な印象を残しており、それに続き本作も上記作品群同様に秀作の名シーンとして僕の脳裏に焼き付けられました。

そして本作は今年のカンヌ映画祭で特別招待作品として上映され、高い評価を得たのが記憶に新しいです(そういえば審査委員長はタランティーノ氏でしたね)。
そしてビリーボブは本作で昨年の第61回ゴールデン・グローブ賞のノミネートも受けました。確かに彼のサンタの演技は素晴らしくカリスマ性を持っていました。
幼少の頃から父親に虐待を受け、愛の無い人生を送って来たサンタですが、ある少年のイノセントな魂に触れることになります。そしてその少年もまたボケた叔母とのさつばつとした親の愛情を受けられない生活、そして周囲からイジメを受けているが誰にも相談できないという孤独感の持ち主という境遇だったため、潜在的にサンタの苦悩とシンクロしていきます。そしてある朝、サンタは自分が酔っ払ってメチャクチャにした少年の心の拠り所”キリスト降臨のカレンダー・チョコレート”を見て、眠っていた真の人間性が覚醒します。
この辺のくだりはビリーボブ本当に良い演技をしています。本作での彼への評価はとても納得がいきました。
そして最後は心洗われる爽やかなハッピーエンドで締めくくられているため、後味がとても良いです。
クリスマスを舞台にした名作はたくさんありますが、僕はこのクリスマス映画すごく好きです。是非みなさんも体験してみてください。

P.S.
サンタとついていますが決してロマンチックに表現されているワケではありません、あくまでも”大人向作品(観ればわかります)”なので子供には見せたくないシーンもあります、ご注意ください。

↓毎度の関連作品の紹介
●セント・オブ・ウーマン/夢の香り

いつもサイト訪問ありがとうございます♪
posted by JET at 02:54| Comment(0) | TrackBack(4) | 鑑賞日記(劇場版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

バッド・サンタ
Excerpt: 「バッド・サンタ」を観てきました〜♪酒と女が大好きなウィリー(ビリー・ボブ・ソートン)は、クリスマスのこの時期サンタの格好をして、デパートで子供達を相手のイベントをしていた。実は、本業は金庫破りだった..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2004-12-26 08:57

バッドサンタ
Excerpt: 子供に見せてはいけないサンタ映画 バッドサンタ(bad santa) http://www.wisepolicy.com/bad_santa/ アル中で女好き、粗暴で不潔でおまけに犯罪者 そんな主..
Weblog: arudenteな米
Tracked: 2004-12-31 16:36

バッドサンタ
Excerpt: BAD SANTA(2003年アメリカ) 2004/12/26@シネリーブル池袋 12月26日。クリスマスも終わったことだし、イマサラ感を味わうために、『バッドサンタ』を観に行った。この映画、..
Weblog: befounddead
Tracked: 2005-01-08 07:16

セント・オブ・ウーマン/夢の香り
Excerpt: セント・オブ・ウーマン/夢の香り
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-05-07 03:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。