●●● 使えば使うほどトクするネット通販の便利なカード ●●●

●●● 定額制ネットレンタル、送料無料DVD通販など新スタイルの最強サイト ●●●
楽しめるのはDMM

●●● ホームシアターや大画面TVで自宅の視聴環境もこだわりたい!●●●

2006年01月21日

映画公開が迫る児童小説の最高峰「ナルニア国物語」

JETです。

最近、仕事の関係でカナダに滞在しているため、なかなか記事をアップできません。
苦しまぎれの記事をアップします(笑)

「ナルニア国物語:第一章 ライオンと魔女」の原作本を読みました。
3/4の公開が迫った本作ですが、映画を観る前に読んでおこうと思って持ってきました。
内容としては「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリー・ポッター」そして古いところでミヒャル・エンデ原作の「ネバーエンディング・ストーリー」に通じるところがある、ファンタジックな冒険小説となっています。
児童小説色が強く、古い作品ですがとても楽しめました。
原作者のC.S.ルイスは「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J・R・R・トールキンと親しく、本シリーズも彼の「ロード・・・」にインスパイアを受けて執筆したということです。ですから確かに通じるものを感じます。
そして映画版はディズニーが総力を挙げて「ロード・・・」に続く世界的ヒットを狙うビッグバジェット作品として世に送り出そうとしています。
予告編を観ていても原作のイメージをとてもうまく映像化しているというのが伝わってきます。
ライオンのアスラン王や動物たちがしゃべるところなどは違和感が無く、主人公たちが白い魔女たちと戦うナルニア奪還の戦闘シーンもとても迫力があり、いやがおうにも期待感を煽ります。
原作としては7巻まである本作ですが、映画版もハリーポッターみたいに長々とやるのでしょうか?観る側としては一気に観たいところですね。

「ロード・・」と並ぶ20世紀を代表する児童小説の最高峰の映像化プロジェクト、とても楽しみです。
未読の人は是非、原作を楽しんでから映画を観ることをオススメします。
ちなみに原作は1→7巻で話が進むのではなく、タランティーノ作品のように時代が行ったり来たりします、でも内容としては1→7の順番に読むのが面白いです。
↓是非読んでみてください。
● 全7巻セット(一気に読破がオススメ) ●
ナルニア国ものがたりセット(全7冊)

● バラ売りや関連書籍はコチラ ●

いつもサイト訪問ありがとうございます♪
posted by JET at 15:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 感想以外の映画のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

▼ナルニア国物語・第一章:ライオンと魔女(3/4公開)
Excerpt: ロード・オブ・ザ・リングやハリーポッターシリーズのように 楽しませていただきたい映画です!! ■ムービートレーラーはこちら
Weblog: Shinri-Xの毎日楽しく頑張っていこう!
Tracked: 2006-01-27 11:52

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
Excerpt: こんばんわ!! 超、久しぶりに昨日、ツタヤに行きました。 12月にDVDをなくしてしまい、 その損害賠償金として、30000円を 払って以来、「もう、借りてやるか」 と捨て台詞を吐いて、..
Weblog: 日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。
Tracked: 2007-05-17 06:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。